長く滞在するときの注意点|インターネットで不動産を見つける|新しい探し方
住宅模型

インターネットで不動産を見つける|新しい探し方

長く滞在するときの注意点

住宅

飲食店をチェック

見どころが満載の「京都」は1日ではとても知り尽くすことはできません。そのような理由もあり、じっくり時間をかけて回りたいという願いで長期滞在を希望する人も多く、安く宿泊できる施設に利用者が集中しているようです。京都は国内だけでなく、海外の観光客からも高く評価されています。紅葉シーズン、駅周辺で長期滞在できる施設がすぐに埋まってしまうこともありますが、駅から離れているホテルや宿は比較的空きがあるようです。京都で長期滞在できる施設を選ぶとき、料金ばかりに惑わされてしまうと不便なところを選んで後悔することもあります。そのためまわりの環境が良いか、食事をする飲食店があるかチェックしておくことも大事です。

衣類に気を使う

京都は盆地で夏は蒸し暑く冬寒いので、住み慣れていない人が季節の変わり目に訪れると体調を崩してしまうこともあるそうです。「長期滞在」をするなら、夏はTシャツだけでなく長袖のシャツ、秋はニットやアウターというように衣類に気を使うようにします。通常の宿泊施設は毎日部屋を掃除するのが当たりまえですが、長期滞在型の場合は2日に1度ということもあります。また、ものを大事に扱わず汚したり破損させて弁償しなければならないこともあるようです。せっかく安く宿泊できたのに、多額の費用を支払わなくてはならないとなったら、もとも子もありません。借りたものをきれいに使うのは最低限のマナーなので、きちんと守るようにします。